五月長根・リースリング・リオン/エーデルワイン

こんにちは、ブログ担当の林です。

今日はこの間の「東北のワインの会」で、一番人気だった岩手の白ワインのご紹介です!

R0019696.JPG

五月長根・リースリング・リオン/エーデルワイン ボトル4800円 

岩手県にあるエーデルワインは、1962年に地元の町と農協が出資をして設立しました。原料は岩手産だけに限定し、冷涼な気候と地域の風土が育んだブドウの個性を最大限に生かした高品質なワインづくりを目指しています。リースリング・リオンはリースリング×甲州三尺を交配させた品種。青リンゴのような爽やかな香りと独特の切れのある酸味が特徴の滑らかな白ワイン♪

(地域:岩手 葡萄:リースリング・リオン)

~~~~~2013年12月17日 加筆~~~~~~~~~~

リースリング・リオンは、日本の気候風土に合うようドイツのリースリングに日本の甲州三尺を掛け合わせた品種です。
エーデルワインのリースリングリオンは、このワイナリーが得意としているブドウ品種で、ワインコンクールなどで非常に高い評価を受けてます。

ドイツのリースリングのような綺麗な酸味と甲州の持ち味である穏やかな旨みが、とてもバランスよくマッチしています。
そこに日本のワインではめずらしい(岩手ワインの特徴?)ミネラル感が加わり、ある意味日本ワイン離れした、強い個性を持つ上質な白ワインに仕上がっています。

このきかいに是非ご賞味ください!