カンノナウ・ディ・サルデーニャ レゼルバ/セッラ&モスカ

こんにちは、ブログ担当の林です。

今日はイタリアのサルディーニャ島の赤ワインのご紹介です。

サルディーニャ島は地中海の楽園と呼ばれ、地中海では2番目に大きな島です。
イタリアの島ですが、地理的・歴史的にスペインからの影響が大きく、ワインを含む食文化もまた、スペインの影響をうけてます。

477px-Sardinia_in_Italy.svg.png

南の島の赤ワインらしく、まぁーるい果実味ときめ細やかなタンニン、適度な熟成感♪
3拍子揃った、とてもバランスのよい赤ワインです!

R0018721.JPG

カンノナウ・ディ・サルデーニャ レゼルバ   グラス680円 
「サルデーニャワインに新しい可能性を開いたワイナリー」として世界中で高い評価を得ているテヌータ・セッラ&モスカ社の赤ワイン。華やかな果実感と芳醇でまろやかな口当たり。
カンノナウとは、スペインに起源をもつ(グルナッシュ)サルディーニャ島を代表する葡萄品種です。

(地域:イタリアのサルディーニャ 葡萄品種:カンノナウ)

※GW(ゴールデンウィーク)の営業について 
休みなしで通常通り営業しますが、
5月6(月・祝日)のみ、安心院ワイン~小松酒造のバスツアーのためお休みさせて頂きます。
よろしくお願い致します。