ルイ・ジャド2009試飲会

スタッフの林です。

先日ソラリアホテルで開催された、ルイ・ジャドの2009年ヴィンテージの試飲会に行ってきました。

ルイ・ジャド社は、ブルゴーニュを代表するネゴシアン兼ドメーヌで、普段、酒屋やスーパーなどでもお目にかかる機会がとても多いワインです。
お酒の神様'バッカス'の絵が目印のブルゴーニュワインです。

今回は、グレートヴィンテージと言われてる2009年の試飲会でした。

実は2009年のルイ・ジャド社のワインは、まだ熟成の途中で、今回は、特別に樽から試飲用のワインのみボトルに詰めて、日本に運んできたものらしく、実際に店頭に並ぶのは、今年の秋以降になるそうです。

今回は、そんなルイ・ジャド社の2009ヴィンテージのワインを30~40種類(一部、比較試飲のためにその他のヴィンテージもあり)試飲させて頂きました。

同じ生産者のブルゴーニュワインを、こんなにたくさん飲んだ経験は初めてだったので、とても勉強になりました。

R0012807.JPG

R0012808.JPG

面白かったのが、通常ワインをテイスティングするときは、白ワインの次に赤ワインを試飲するのですが、今回は赤ワインが先で、白ワインが後になるようワインが並んでました。

理由は、タンニンの強い赤ワインを、白ワインの試飲のあとの、飲み疲れている状態で飲むと口の中が疲れてしまう。。
逆に白ワインを後に試飲すると、赤ワインのタンニンで疲れた状態の口の中を、白ワインの爽やかな酸でリフレッシュしてくれるから~だそうです。

なるほどなぁ~と思いました。
フランスでは、割とよくやる試飲の方法らしいです。

あと当日のセミナーにも参加してきました。

計2時間にも及ぶ長いセミナーでしたが、ルイジャド社のワインの説明だけでなく、ブルゴーニュワイン全般に対しての講義だったので、とても為になりました(^^)

R0012810.JPG

R0012812.JPG

R0012819.JPG